若ハゲで悩む方 必見!遺伝を紹介

若ハゲの撃退術

若ハゲの原因

遺伝

若ハゲと遺伝の因果関係はしょっちゅう話題に上ります。「父親がハゲだから、自分も。。。」と悲観的に考える人もいますが、実はハゲ遺伝子というのはまだ発見されていないのです。確かに家系的に薄毛の傾向はあるようですがはっきりとした因果関係は証明されていないのが現状です。

しかし体質的にハゲやすい人がいるのは事実ですので、まるで遺伝が関係していないかと言うとそれも実証されていません。要はハゲの犯人遺伝説は非常にグレーゾーンに位置しているのです。

仮にあなたのお父さんがハゲているとしましょう。最近では自分の頭髪も薄くなってきたと感じたら遺伝を先ず疑うかもしれませんね。しかしお父さんの若いとき、生活習慣はどうだったでしょうか?人をハゲさせる原因は沢山存在しているのです。

あなたのお父さんが愛煙家だとしたら、ニコチンには男性ホルモンの産出を促す成分があり、また血管を収縮させる作用があります。脱毛症には男性ホルモンの作用と血流量が関係しているのでそれだけであなたのお父さんはハゲやすい要素を持っているのです。

当然生まれてすぐタバコを吸う人などはこの世にいません。またあなたのお父さんはお酒好きですか?脂っこい食事が好きだったりメタボリック症候群だったり、日頃から仕事の愚痴を言っていたり、寝不足で眼の下に隈を作っていませんか?仕事人間で余暇には家で寝てばかり。。。そんな人達もじつは脱毛症予備軍なのです。また加齢によるホルモンバランスの異常も脱毛症の大きな原因です。あなたが若ハゲを気にする年頃ならあなたのお父さんは少なくとも更年期と呼ばれる年代に入っている可能性が高いはずです。

このように「父親がハゲだから。。。」を若ハゲの全ての責任にするにはちょっと早計なのです。薄毛が気になりだしたら先ずは自分の日常生活を見直し、ストレスコントロールがきちんと出来るように心がけてみましょう。

Copyright (C) 若ハゲの撃退術 All Rights Reserved