若ハゲで悩む方 必見!AGAを紹介

若ハゲの撃退術

若ハゲの関連疾患

AGA

AGAとは男性型脱毛症の総称です。最近ではテレビコマーシャルなどでも良く耳にするようになりました。AGAの特徴的な症状は頭髪の生え際が後退していくM字ハゲと呼ばれる症状と頭頂部から薄くなるタイプのハゲが日本人に多い症状です。

日本人男性の3分の1はAGAに罹っているというデーターもあるぐらい男性にとっては身近な病気です。AGAを引き起こす具体的な原因の究明はまだ出来ていませんが、テストステロンという男性ホルモンの分泌異常が原因の一つであるということが分かってきました。このテストステロンと言うホルモンの分泌を促す酵素を阻害させる薬の開発でAGAの治療が可能になったのです。

「親父はげ」と言う言葉通りAGAは加齢も原因の一つとして数えられますが、最近では若ハゲに悩む20代~30代の男性が増えています。50代前後の更年期と呼ばれる年代でホルモンバランスを崩すことでAGAが発症するのは何となくその世代の男性の頭を見ていれば想像もつきますが、、、若い人でAGAを発症するのは何故でしょうか?じつはAGAの原因因子は男性ホルモンだけではありません。

現代日本人の置かれた生活環境も男性ホルモン以上に深く関与しているのです。先ず、最近の日本はエアコンの普及などによって夏場でも中々汗をかきにくい状態にあります。汗をかかないということは汗腺が未発達になります。汗というのは皮脂や汚れを含んだ粘りがあり異臭を放つ汗が最初に出ます。

その後体温の上昇と共に代謝が活発になり体温を維持するために今度は水分を主とするさらさらの汗が出るのですが、汗腺が未発達だとこの汗が出にくくなってしまうのです。また汗をかく場所が少なくなったのも汗腺を未発達にしている要因だと考えられます。

脂分の多い汗は毛穴を詰まらせ頭皮の衛生状態を悪くします。また代謝が悪いと血液の循環も悪くなってしまいます。頭皮の不潔な状態と血液の循環の悪さが重なると脱毛症は進行します。そこに喫煙や飲酒、寝不足、食習慣などの生活習慣の乱れが重なるとAGAの発症リスクは飛躍的に上昇してしまうのです。ですからAGAの治療には投薬治療と生活習慣の改善が不可欠なのです。

Copyright (C) 若ハゲの撃退術 All Rights Reserved