若ハゲで悩む方 必見!壮年性脱毛症を紹介

若ハゲの撃退術

若ハゲの関連疾患

壮年性脱毛症

壮年性脱毛症(そうねんせい脱毛症)とは30代を超える頃から発症する男性型脱毛症です。以前までの日本では壮年性脱毛症は老化現象の一つとして数えられていたので、病気というよりはむしろ生理現象として捉えられていたので治療は行われていませんでした。

しかし現在では男性型脱毛症の研究が飛躍的に進歩したため、男性型脱毛症は治る病気として認識されるようになっています。男性型脱毛症の原因は男性ホルモンの分泌過剰によるものです。年齢とともにホルモンバランスは崩れてしまい男性ホルモンの分泌が過剰になってしまうことで男性型脱毛症は引き起こされると考えられています。

しかし、それまでは男性型脱毛症は遺伝による原因が大きいとされていました。実は遺伝による脱毛症というのは割合として多くはありません。むしろ若い頃の不摂生による脱毛症の方がはるかに大きな原因となっているのです。

男性は社会人となることで社会的、日常生活的に様々なストレスに晒されます。強いストレスを感じている時、人の体は交感神経の働きで全身の血管が収縮し、血液の流れは一時的に滞ります。しかし、その後リラックスすると今度は副交感神経の働きで血管が広がり全身に血液がスムースに流れるようになるのですが、日頃からストレスを貯めている人はこの緊張状態が続き慢性的に血流量が減ってしまっているのです。

その為に毛母細胞には十分な血液が行き渡らなくなり、髪の毛は発育不良を起こしどんどんと薄くなっていってしまいます。また飲酒や喫煙も男性型脱毛症を促進させる原因です。このように年月とともに脱毛症を引き起こしやすい体質へと変化させていってしまっているのです。

ですから年をとってからハゲに悩む前に若い時からの適切なヘアケアと生活習慣を心がけることが将来のあなたの毛髪の運命を左右するのです。

Copyright (C) 若ハゲの撃退術 All Rights Reserved