若ハゲで悩む方 必見!ミノキシジルを紹介

若ハゲの撃退術

若ハゲの治療法

ミノキシジル

ミノキシジルとは育毛剤の主成分です。アメリカで開発され、日本では大正製薬がリアップという商品名で発売していて薬局で入手することが出来ます。ミノキシジルもプロペシアのように実は脱毛症以外の治療薬としてアメリカのファイザー製薬が開発した経口薬でした。その病気とは高血圧です。

高血圧とは良くご存知の血圧が上がる病態です。若ハゲと高血圧、これもちょっと意外な組み合わせではありますが、どちらも血流が関係しているという点で共通しています。若ハゲは男性ホルモンの過剰産出以外にも毛母細胞に十分な栄養素が行き渡らない事が原因で起こることも知られています。

毛母細胞に栄養と酸素を運ぶのはもちろん血液の仕事です。高血圧では血管が狭窄もしくは収縮していて血流が制限される事で血管内部の圧力が上昇するということなので、この二つの病気は無関係ではないのです。

開発国のアメリカではこのミノキシジルとプロペシア以外にAGAの治療薬として認可していません。それだけ脱毛症に対して高い効果のある薬品だといえるでしょう。日本ではまだ厚生労働省の認可を得ていないので薬局で買えるリアップシリーズの場合、アメリカのミノキシジルの製品版であるロゲインやリゲインに比べると含有量は少なくなっています。

しかしミノキシジルが高い効果を示すのが欧米人に多い頭頂部から薄くなるタイプの脱毛症なのが未だに処方薬として認可されない事情があるのかもしれません。元々は高血圧用の治療薬であったのでミノキシジルを含んだ経口薬もアメリカでは流通しているようです。

しかし、より効果的に用いるには頭皮のすぐ下にある毛根に揉みこむように浸透させたほうが治療効果が高いということから養毛剤として商品化されました。それゆえかミノキシジルの副作用としては血圧が下がるということが知られています。今はまだ医薬品ではないリアップですが、低血圧症の人は薬剤師に相談してから購入するようにしましょう。

Copyright (C) 若ハゲの撃退術 All Rights Reserved