若ハゲで悩む方 必見!若ハゲとはを紹介

若ハゲの撃退術

若ハゲについて

若ハゲとは

若ハゲとは10代~30代に額の生え際から髪の毛が徐々に薄くなっていく、いわゆるM字ハゲになっていくケースが最も多いと言われています。男性の髪の毛が薄くなり始めるのは通常50代からですから10代で始まる若ハゲは当の本人にも相当な心理的ストレスを与えることでしょう。

若ハゲは若年性脱毛症と呼ばれる病気です。正しいヘアケアを出来るだけ早い時期から始めるのが非常に重要です。年をとってからのハゲよりも若ハゲの方が治りやすく、適切な育毛も年齢が若い方が効果的だからです。

50代以降であれば老化による毛髪サイクルの衰えで薄毛になってしまいますがそれでも最近は皮膚科での治療を受けることで薄毛や抜け毛の治療と予防が可能になっています。そして50代以降に禿げる人の原因は実は若いときの日常生活の乱れや喫煙などによる不摂生が背景として隠されていることが多いのです。

決して年をとったから禿げるのは必然ではないということですね。正しい治療とヘアケアを行うことで若ハゲはもちろんのこと50代以降の薄毛や抜け毛の予防にもなるということです。そしてお父さんがハゲていたからと諦める必要はありません。

実は遺伝と薄毛、抜け毛の因果関係はまだ完全に解明されていませんし(ただ傾向として薄毛の家系というのはあるようです)、遺伝による若ハゲは日常生活の乱れによる若ハゲよりはるかに低い確率なのです。

そう、あなたの父親のハゲだって実は遺伝ではなく若い頃の不摂生だったのかもしれないのですよ。諦めずに正しいヘアケアを見につけて将来も薄毛や抜け毛に悩まなくてすむようにしましょう。

Copyright (C) 若ハゲの撃退術 All Rights Reserved