若ハゲで悩む方 必見!若ハゲの症状を紹介

若ハゲの撃退術

若ハゲについて

若ハゲの症状

若ハゲの症状として最も多いのが前髪の生え際が薄くなっていくM字ハゲです。これは男性型脱毛症の特徴的な症状ですが、男性型脱毛症の全てがM字ハゲというわけではありません。

日本人の場合M字ハゲに次いで多い脱毛症のパターンが頭頂部から徐々に薄くなっていき側頭部には髪の毛が残るタイプの脱毛症です。また後頭部から頭全体に薄毛が広がる症状もありますが、M字ハゲと頭頂部から薄くなるタイプに比べれば数はずっと少なくなります。

若ハゲの症状の特徴としては毛根が発育不全を起こしていて髪の毛が細く柔らかくなってしっている状態です。これは毛母細胞に十分な栄養と酸素が行き渡っていないために髪の毛が栄養不良を起こしているのです。更に20代前後の時は皮脂の分泌量も多く、毛穴に皮脂が詰まりやすくなっています。

通常一つの毛穴からは2~3本の毛髪が生えていますが毛穴が詰まることで生える本数が減り全体的に密度が減ることで頭皮が透けて見えてしまうのです。また毛穴に詰まった汚れはやがて炎症を引き起こし頭皮湿疹などを起こし髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

今太くしなやかな髪の毛であったとしても頭皮の清潔を心がけていない人はそのうち若ハゲに悩むようになるかもしれません。頭皮の炎症は症状が進むと抜け毛以外にも異臭を放つ場合があります。こうなると脂漏性皮膚炎が疑われます。

脂漏性皮膚炎になるとフケが大量に発生しやがて膿を生じ発熱や痛みを伴うこともあります。頭皮が痛い、かゆい、変な臭いがするなどの自覚症状がある人は速やかに皮膚科を受診しましょう。

Copyright (C) 若ハゲの撃退術 All Rights Reserved