若ハゲで悩む方 必見!しらみを紹介

若ハゲの撃退術

若ハゲの予防

しらみ

21世紀の日本でしらみ?こう感じる人が多いのではないでしょうか?しらみは人や動物の毛髪に寄生し、血から栄養分を摂取して生きている寄生虫です。日本国内ではしらみによる疾病はあまり報告例はありませんが、今でも外国には普通にいます。

海外旅行が手軽になった現代ではまたしらみによる頭皮トラブルから若ハゲに悩む人が増えつつあるのです。これは発展途上国に限らずアメリカやイギリスなどの先進国でもしらみは普通にいるので注意が必要です。しらみが頭に寄生すると強いかゆみを生じます。頭皮をかきむしることで傷が付きそこからばい菌が入って頭皮と毛根を痛めてしまいます。

そこから抜け毛が加速することがあるので、正しいシャンプーをしていても頭がかゆいときはすぐに皮膚科を受診しましょう。ここではしらみについて知り、寄生を予防する手立てを解説していきます。しらみは帽子やブラシなどを仲介して寄生します。

なので頭皮をちゃんと清潔にしていても帽子やブラッシングの時に寄生されてしまう可能性があります。しらみは1週間ほどで孵化し、1ヶ月に200匹のペースで増えていきます。また高温多湿を好む寄生虫ですので蒸れやすい頭皮は格好の住処となってしまうのです。

帽子やブラシは使った後、風通しの良い日陰に干して、時々はアルコールなどで消毒しておきましょう。しらみ以外の雑菌や寄生虫にも効果的です。また頭皮の清潔は絶対に必要ですので、自分に合ったシャンプーで正しいヘアケアを心がけましょう。若ハゲ予防のサイトでこういう話も気が引けますが、男性の場合はしらみに寄生された場合、坊主頭にするのも対処策です。

女性はなるべくショートヘアにして風通しを良くしましょう。ここまでしても頭皮にしらみが寄生してしまうと普通のシャンプーでは駆除できません。そんな時はスミスリンシャンプーと言う薬用シャンプーが効果的です。スミスリンシャンプーは薬局やドラッグストアで購入可能です。しかし敏感肌の人は刺激が強い場合があるので使用前には良く薬剤師に相談し、使用後の頭皮トラブルが発生したら直ちに使用をやめて皮膚科を受診しましょう。

Copyright (C) 若ハゲの撃退術 All Rights Reserved