若ハゲで悩む方 必見!ドライヤーの仕方を紹介

若ハゲの撃退術

若ハゲの予防

ドライヤーの仕方

若ハゲにとってドライヤーの熱は髪の毛を痛めつける原因となるため使用を避けている人もいるかもしれませんね。しかし、洗ったままの髪をそのままにしておくのは却って若ハゲには逆効果だということは意外と知られていない事実です。

なぜなら髪の毛や頭皮に残った水分が蒸発するときの気化熱で表面温度が下がるからです。頭皮の温度が下がってしまうことで血行が悪くなり若ハゲにはマイナス効果になってしまうのです。これではせっかく頭皮マッサージをして血行を良くしたり、育毛剤の成分を浸透させようと思っていてもうまくいかない可能性がありますね。

またミノキシジルなどの育毛剤には血管を拡張させる作用があるため、髪の毛が濡れているとますます気化熱で表面温度が下がっていきます。ではこうならないために若ハゲに効果的なドライヤーの当て方を解説します。まず入浴後はタオルドライをしっかりと行うことです。

タオルドライもごしごしと擦るようにしてはいけません。タオルに水分を吸い取らせるように軽く押し付けて乾かします。次にドライヤーですが温度調節できない場合は低温で行ってください。また頭皮近くで風を吹き付けるのではなく20cmほど離して出来るだけ広範囲に風が優しくあたるようにして乾かしましょう。

長髪の人はブラシを使いながら髪の毛一本一本に丁寧に風を当てるようにするのがコツです。またドライヤーで髪の毛だけでなく頭皮も同様に優しく乾かすようにしてください。風が柔らかく髪の毛の根元に当たるようにすれば良いでしょう。こうして正しいドライヤーの使い方を覚えれば髪の毛も頭皮も痛めずにすみます。

Copyright (C) 若ハゲの撃退術 All Rights Reserved